fc2ブログ
[ひよこ日記] ミャンマーの新しい仲間1
2021 / 07 / 12 ( Mon )
今回は、ミャンマーのお話をします。

昨年、ぷらちなくらぶは、日本で初めてミャンマーからの
「特定技能(介護)」の人材を受け入れる予定でした。

これまで日本では「技能実習生」という形でアジアの人材を
受け入れてきました。
「技能実習生」という制度は、日本で技術を学び、技術を母国に
持ち帰って活躍する人材を育てるという目的の制度なのですが、
実際は入国前に高額な仲介費用を背負ってしまっていたり、
就労後も不十分な待遇で生活するようなケースもあって、
結果、日本で行方不明になってしまう方も少なくありません。

これに対し「特定技能」という制度は、専門の支援機関が
日本に入国前に初期の技術教育、日本語教育を受けさせ、
入国後の生活もしっかりと支援する。また、受入する法人側も
日本人と同じ条件で雇用するという、新たに導入された制度です。

「ビルマの竪琴」でも知られ、昔から日本と繋がりが深く、仏教徒の
ミャンマーに対しては、近年の民主化後、日系企業の進出、日本政府の
支援もあり急速に近代化が進んできていました。

世界が注目し始めたアジアの一国のミャンマーで、初めて「特定技能」
制度が進むという事で、情報を集め、ぷらちなで進める事となったのが
2019年の10月でした。

入国管理局に何度も出入りし、在留資格の申請を行って、現地とオンラインで
やり取りしながら、ようやく書類が揃い、あとはミャンマ側でスマートカードが
発行されれば入国できる、という状態となったのが2019年の年末でした。

2020年オリンピックの年に、新しく加わる仲間を楽しみに思っている時、
ちょうど中国では、原因不明の肺炎が発生していました。

第2回へつづく
11 : 45 : 47 | ■理事長のひよこ日記 Reborn | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<西新井サロン「りんりん風鈴」 | ホーム | 読み聞かせの会 ハートアイランド新田>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
https://platina-club.or.jp/tb.php/1425-0a04d04c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |